バツイチで子供が欲しい男性に国際結婚がおすすめできる理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

以前結婚していたときに子供ができず離婚し、バツイチになったあとで子供が欲しい気持ちが湧いてきた、という方も多いと思います。

 

そういう場合には実は「国際結婚」がかなりおすすめできるんです。

外国人女性との結婚であれば、あなたがバツイチでも自分よりも若い女性と比較的スムーズに結婚できます。

あなたが今40代、50代だとしても子供を作ることは十分可能なんですね。

 

今回の記事では、

バツイチで子供が欲しい男性に国際結婚がおすすめできる理由

ということでお話ししていきます。

 

再婚しようと婚活を始めたけどなかなかうまくいかない、これから結婚するためにまた頑張ろうと思っている、という方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

国内結婚で子供が欲しい場合

バツイチの男性がこれから再婚をして子供が欲しいと考える場合、やはり自分よりも若い女性と結婚することを目標にすると思います。

 

あなたの年齢が仮に40代だとして、同じくらいの年齢の女性と結婚した場合現実的に子供を新しく作るハードルは高まってしまいますからね。

不妊治療をする必要が出てきたり、子供ができたとしても夫婦共に40代だと子育てをしていくには体力的にも厳しい面は大きいです。

 

もちろん40代以上で子供を作るご夫婦もいらっしゃいますが、乗り越えなければいけない問題は数多く存在し、体力や精神面の負担もかなり大きく、それ相応の覚悟をする必要が出てきます。

 

若い女性と結婚することが難しい

また若い女性と結婚すること自体が難しいということもあります。

 

ある程度の年齢になってくると「若い女性と出会える場が少ない」という問題が起きてきます。

年上の男性が好きな女性もいますが、全体的な傾向としては同世代同士で結婚することが多いので、もし出会いがあったとしても歳を重ねるにつれて若い女性と結婚するのは不利になってきてしまいます。

結婚する目的で若い女性と出会っていくのは、難しい面が多いですね。

 

そして若い女性は基本的に「人気が高い」です。

結婚するために結婚相談所や婚活パーティー、マッチングアプリなどを使うことを考える方はいらっしゃると思いますが、そういう場では若い女性に人気が集まることが多いです。

バツイチで子供が欲しいということを目的とする場合、そういった打算が絡む出会いの場ではやはり若い女性と結婚することは難しいです。

多少年下であれば問題ないことが多いですが、一回り以上年下となるとよほどあなたに武器がない限り難しくなってきます。

 

ジェネレーションギャップ」の問題もあります。

共通の話題がなかったり、価値観が大きく違う場合もあり、もし若い女性と知り合うことができてもジェネレーションギャップがあることで上手にコミュニケーションが取れない、ということも起きてきます。

そのあたりを柔軟に対応できる方であれば別かもしれませんが、年下の女性と接することに慣れていないとなかなか上手にコミュニケーションを取るのは難易度が高いです。

 

 

主にそれらの理由により、バツイチの男性は若い女性と結婚しづらい面はあります。

自分よりも若い日本人女性と結婚して子供が欲しい場合は、多くのハードルを超えないと結婚できないことは覚悟する必要はあります。

相応の努力は必要になってきますね。

 

国際結婚ならバツイチ男性も若い女性と結婚できやすい

一方で外国人女性との国際結婚は実はその限りではありません。

一回り以上歳下の女性とも、比較的簡単に結婚することができます。

 

例えばあなたが50代だとしても、30代の女性と結婚することも十分可能です。

実際に60代の男性が19歳のミャンマー女性と結婚した例もあるので、日本人女性との結婚よりもはるかに若い女性と結婚するハードルは低いです。

アイエムシーYoutubeチャンネルでそのご夫婦へのインタビュー動画を公開しています

 

 

それにはいくつかの理由がありますが、最も大きな要因となるのが「日本人というだけでアドバンテージとなる」ということです。

日本に比べて経済発展が遅れている国はまだまだ多く、そういう国出身の女性からしたら日本人というだけで豊かに思えますからね。

 

またそもそも「ジェネレーションギャップというものが存在しない」のも大きいです。

価値観の違いがあって当たり前ですからね。

日本人同士の結婚ほど年の差婚の影響はかなり少ないです。

 

国際結婚をして子供だけ作ることも可能

国際結婚の魅力は若い女性と結婚できやすいということだけでなく、子供だけを作ることも可能、だという部分にもあります。

 

例えば海外の現地在住の女性と国際結婚をしたとします。

そこで通常だと日本に移り住んでもらって一緒に暮らす、もしくはあなたが海外に移住して結婚生活を送る、という選択肢が主になりますが、

 

自分は日本に残り、奥さんと子供には海外の現地に残ってもらう

ということも可能なんです。

 

外国人女性が日本人男性と結婚したがるのは「送金」というものが大きな目的の一つですが、相手家族への送金さえしていればそのような生活スタイルを送ることもできます。

あなたとしては若い女性と国際結婚をして子供を残すことができ、相手女性としても子供を残せて送金もしてもらえる、という風にどちらも損をしない関係を築けます。

もちろん事前に「こういう生活スタイルで結婚生活を送りたい」と理解してもらう必要はありますが、送金をしてもらえるのであれば了承してくれる可能性の方が高いですね。

 

子供が大きくなるまでは現地で育ててもらい、ある程度大きくなった時に日本に呼び寄せて一緒に暮らすということもできます。

 

バツイチで子供が欲しいという男性にとって、国際結婚はかなり大きな魅力のある選択肢なのではないかと思います。

今は国際結婚自体が当たり前になってきていて、上述の動画の男性のように歳下の外国人女性と結婚する日本人男性も増えてきていますからね。

日本人女性との結婚だけにこだわってしまうと、ある程度年齢を重ねてくるとどうしてもお相手の選択肢が狭まってきてしまいますが、国際結婚も選択肢に入れることで今後の人生の幅が大きく広がってくるのでおすすめです。

 

アイエムシーでは、ミャンマー女性をはじめとした東南アジア女性とのご結婚をサポートしています。

在日女性、現地女性問わずご紹介が可能ですので、「今バツイチだけでこれから子供が欲しいと思っている」と言った方はぜひお気軽にこの記事末尾の「アイエムシー公式LINE」よりお問い合わせください。

 

子供が欲しいバツイチ男性には国際結婚もおすすめ

前に結婚していた時は子供ができず、バツイチになったあとで子供が欲しいと感じられるようになった場合、日本人女性との結婚はハードルがどうしても高くなってきてしまいます。

特に婚活をする場合は年齢差がある女性とはなかなかマッチングできない傾向が強いので、同じくらいの年齢の女性としか結婚できないことも多いですからね。

現実問題として社会的なステータスの高い職業についていたり、年収が高くないと若い女性とはなかなか成婚することはできません。

 

一方で国際結婚の場合は日本人であること自体が武器になり、ジェネレーションギャップというものもそもそもないので若い女性と結婚できやすいんです。

言葉の壁などの問題もありますが、その辺りはアイエムシーでは女性の日本語習得サポートを行なっているので、最低限のコミュニケーションを図れる状態でのご結婚が可能です。

国際結婚も視野に入れることで、自分の子供を残すことができ、今後の人生の幅が大幅に広がってきますね。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性を始めとした東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方を友達追加してください。

お見合い新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -