2020/01/24

アジア女性と国際結婚をする日本人男性の割合は?そしてその魅力とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

国際結婚と聞くと、やはり多くの人が思い浮かべるのが

アジア人女性との国際結婚

だと思います。

実際に日本人男性が国際結婚をする場合、ほとんどが「アジア人女性」と結婚するケースが非常に多いんですね。

 

今回の記事では、

なぜ日本人男性はアジア人女性と国際結婚をするのか?

アジア人妻との国際結婚の良さとは?

ということでお話ししていきたいと思います。

アジア人妻にはアジア人妻の良さというものがあるので、国際結婚に少しでも興味があるという場合はぜひ読み進めてみてください。

 

国際結婚の国別の割合

日本人男性とアジア人女性との国際結婚のイメージは強いですが、実際に国別にどのくらいの割合になっているのか?

厚生労働省がデータを発表しているのですが、平成28年のデータによると

 

1位 中国:38.7%

2位 フィリピン:20.7%

3位 韓国・朝鮮:15.3%

4位 タイ:6.3%

5位 ブラジル:1.9%

以下、アメリカペルーイギリス、その他と続きます。

厚生労働省『平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」』より)

 

このようになっており、数字を見ると実におよそ80%以上がアジア人女性との国際結婚になっています。

イメージ通り、アジア人女性との国際結婚が日本人男性の場合は圧倒的に多いんですね。

 

なぜアジア人女性との国際結婚が多いのか?

それではそもそもなぜ、日本人男性はアジア女性と国際結婚をするのか?

まず一番の理由として考えられるのが、

アジア人女性との出会いが一番多いということです。

 

中国や韓国人女性は日本に住んでいる女性の人数が多い、というのはもちろんのこと、最近は出稼ぎや留学で日本に来て働いているアジア人女性がかなり増えてきています。

都心にいるとそれが強く感じ取れるのですが、コンビニや居酒屋などに行くと今はかなりの高確率でアジア系の人が働いているところを見かけます。

東京などは日本人の方が少ないんじゃないか?と感じられるくらいですよね。

 

一方でアジア以外の国の女性、欧米などの女性が働いているところを見ることは正直ほとんどないと思います。

英会話スクールなどに行けば欧米の女性もいるのかもしれませんが、あまり身近ではありませんよね。

 

「アジア人女性との出会いが外国人女性の中で一番多い」

というのは、そういった割合になっている一つの大きな要因だと考えられます。

 

欧州などの遠い国に行く男性が少ない

日本に住む欧米の女性がそもそも少ない、というのもアジア女性との国際結婚が多い理由なのですが、外国に行く男性がそもそも少ないということも大きいと考えられます。

 

男性が就職して働く場合、やはりほとんどは日本国内で働くことが多いですよね。

学生時代ならいざ知らず、一度就職してしまうと、仕事が忙しくなったりすることで海外に長期間行く、ということがかなり難しくなってきます。

そうなると、行くのに時間のかかる欧米などに滞在するのはハードルがどうしても高くなってしまうんですね。

必然的に、欧米の女性と出会う機会も少なくなってきます。

 

そして仮に欧米の女性と結婚したとしても、相手女性の地元に帰省するなどする場合移動時間や飛行機代もかかってくるなど、結婚した後のことも考えるとなかなか結婚まで踏み切れない、という面はあります。

国際結婚をする際の「壁」が、アジアの国の女性に比べ多くなってくるんですね。

 

一方でアジアの場合は、長く滞在することも他の地域に比べ容易だし、飛行機代なども今はLCCがあるのでリーズナブルに渡航することができます。

結婚した後もそこまで負担が少ないという面が、アジア人女性との国際結婚の割合が高い大きな要因だと考えられます。

そして日本人男性と結婚をすれば日本での在留権が得られるので、日本で働きつつ地元に仕送りをしたいといった考えを持つ女性が多く、そういった理由からもアジア女性との国際結婚が多いと推察できますね。

 

アジア人女性との国際結婚の魅力

アジア女性との国際結婚が多いのは、当然ながら「大きな魅力もある」ということになってきます。

魅力がないとそもそも国際結婚はなされていかないですからね。

 

日本と距離が近い

まずアジア人女性との国際結婚の魅力は、日本と距離が近い、ということ。

アジアの中でもインドくらいになると距離がかなり離れてきますが、東アジアや東南アジアなどは距離が近いので、上の方でもお話した通り移動がかなり容易なんですよね。

お互いの地元に行き来しやすい、というのは大きな魅力だと思います。

これがヨーロッパなどになってくるとなかなか相手の国に帰省するということも難しくなってきますからね。
結婚式をする際に親族を呼ぶ、ということもハードルが高いです。

 

気取った女性が少ない

また、アジアの女性は「気取った女性が少ない」です。

国内で婚活をした経験のある方ならわかると思いますが、婚活をしている日本女性はどこか「お高くとまっている」ところが感じられることが多いですよね。

婚活を進める中で色んな男性を見ていくことになり、理想がどんどん高まっていってしまうんです。

「年収は最低限500万円以上は欲しい」

「安定した職業に就いている男性が良い」

「女性を第一に考えてくれる男性が良い」

など。

結婚に対して求めるもののハードルがかなり上がってしまっているので、少しでも欠点があって自分のメガネにかなわないと交際に至らず、長い間婚活を続けている女性は多いです。

 

一方でアジア女性というのは、基本的に日本や中国、韓国を除いたアジア諸国というのはまだまだ発展途上の国が多く、お高くとまっている女性が少ないんですね。

貧富の差が激しい国が多いので、ごくごく一部の女性を除いてある意味で「純粋」な女性が多いんです。結婚する男性に対してそこまで多くを求めない、ということです。

一度接してみるとわかりますが、本当に「素直な女性」が多いです。

アイエムシーでは以前ミャンマー人女性との国際交流パーティーを行なったのですが、

驚いたのが「おしとやかな女性」ばかりだったんです。

「自分が!自分が!」という我が強い女性はいなくて、周りの空気を読んだり、他の人のことを気遣えるような女性ばかりでした。

 

日本女性にそのような人がいないということを言っているのではなくて、これまで書いてきた理由から「アジア女性の方が素直でおしとやかな女性が多い」ということですね。

上から目線で来たり、気取った女性がどうも苦手・・・

という方はアジア女性、特に東南アジア女性とはかなり波長が合うと思います。

 

ルックスも良い

またアジア女性はルックスが良い女性もかなり多いです。

例えばフィリピンなどはスペインの統治下に置かれていた関係で、様々な人種が混じることで美人の女性が多いです。
フィリピンパブなどに行ったことがある方ならわかると思いますが、目鼻立ちがくっきりとした美人な女性って多いですよね。

 

またスタイルが良い女性も多いです。
手足がすらっとしていて「モデルなんじゃ?」と思うくらいの女性もいます。

 

最近は本当に国際結婚は身近になってきていて、学校でもハーフの子が当たり前のようにいたり、芸能人にもハーフの人って多いですよね。

国内女性だけにこだわらず、アジア女性との国際結婚の視野に入れてみると、自分と波長が合い、ルックスも良いような女性とめぐり合える確率は上がりますね。

 

アイエムシーでは東南アジア女性とのパーティーやお見合いを実施中!

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性、ベトナム女性などの東南アジア女性との国際交流パーティーを行ったり、お見合いのセッティングもしています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

パーティー情報の定期配信や、個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っております。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -