在日外国人女性とのお見合いでの国際結婚の魅力と注意点

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

今回は、日本在住の在日外国人女性とのお見合いについて話していきたいと思います。

これまでは日本人女性とのお見合いが主流ですが、近年は日本に長く住む外国人女性も多く、2018年末の時点でおよそ「176万人」の外国人女性が日本には住んでいます。

出典元:http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_touroku.html

そのため、外国人女性とのお見合い結婚も増えてきているんです。

 

あなたもおそらく、在日外国人女性とのお見合いに興味があってこの記事にたどり着いたんだと思いますが、

在日女性とのお見合いの魅力

在日女性とのお見合いをする際の注意点

についてお話ししていくので、是非参考にしていただければ嬉しいです。

 

在日外国人女性とのお見合いの魅力

言葉が通じる

日本に住んでいる在日外国人女性というのは、住んでいる年数にもよりますが「日本のことを理解している」ことが多いです。

わかりやすい部分で言うと「日本語」です。
日本で働いて生活している外国人女性は日本語もある程度話せるので、コミュニケーションで悩むということはありません。

 

海外在住の女性とお見合いをして国際結婚する場合、やはりどうしても「言葉の壁」というものがあります。

「色んな会話をしてコミュニケーションを深めていきたい!」

という方には、正直ストレスが溜まる場面が増えてくるかもしれません。

ただ言葉が通じない分、ボディランゲージを使ってコミュニケーションを図ろうとしたり、お互いの言葉を理解しようという心理が働いて「より深いコミュニケーション」を取れるという面もあります。

言葉が通じると、どうしても「言葉のみに頼って」コミュニケーションを取ってしまうんですが、言葉が通じない場合は色々な方法を駆使してコミュニケーションを取ろうという意識が働くので、実は深いコミュニケーションが取れるようになるんですね。

 

ですが、相手女性とは日本語で会話が出来た方が良い!という方の方が多いと思うので、日本語が通じるのは在日女性の大きなメリットになってきます。

 

日本の文化を理解してくれている

在日女性は長い間日本で生活をしているので、日本の文化について理解がある場合が多いです。

例えば年末年始の過ごし方であるとか、お盆についてなど。

日本のことを知らないと、そういった部分でいちいち衝突が起こってしまう可能性もあるんです。

一方で日本の慣習などに理解がある在日外国人女性だと、うまくすり合わせることができますよね。
年末年始についても、お互いの実家に交互に帰るようにする、ということもできるだろうし。

「お盆に地元に一緒に来て御墓参りして欲しい」と言えば、理解もしてもらえると思います。

 

在日女性と日本で一緒に住むと考えた場合、そういった細かい価値観の違いから衝突が起こるということがないので、かなり暮らしやすくなってきますね。

 

日本に一緒に住んでもストレスを感じない

海外在住の外国人女性とお見合いをして結婚する場合、上でもお話ししましたが「価値観の違い」というものがあるので、お互いにストレスを溜めてしまう恐れがあります。

また「人間関係が無い」状態で女性は日本に住むことになるので、ホームシックになってしまう可能性もあります。

実際に、海外に住む女性が日本人男性と国際結婚をして日本に住むことになったものの、ホームシックにかかってしまい母国に帰ってしまう、というケースは少なからずあります。

なので「精神的なケア」を注意して行う必要がありますよね。

 

一方で在日女性の場合は日本にすでに「自分のコミュニティ」があり、色々相談ができる仲が良い人が既にいることが多いと思うので、ホームシックにかかって母国に帰られるといったリスクがありません

結婚後もそのままスムーズに、日本での共同生活に移行することができますね。

 

在日女性とお見合いをする際の注意点

ライバルが多い

在日外国人女性とお見合いをして国際結婚することには上記のようにメリットもありますが、デメリットもいくつかあります。

 

まず、「ライバルが多い」ということ。

例えば日本人の20代の美人の女性と結婚したいと思った場合、やはりライバルが多くなってきますよね。

よほど自分勝手だったり、中身に問題がない限り若くて美人な女性は相当にモテるし、多くの男性が毎日のようにアプローチをします。

 

在日女性の場合もそれは同じで、日本語がある程度話せれば日本人女性と変わらずちやほやされる傾向にあり、「選り好みをされる」ということが起きてきます。

女性が「男性を選択する側」に回るんです。

社会的なステータスなどに自信があれば堂々とアプローチをすることができますが、職業や年収などに引け目があるとどうしても一歩引いてしまうし、女性からもないがしろにされる可能性で出てきてしまい、なかなか結婚までのハードルが高くなってしまいます。

そこが在日女性のデメリットと言えます。

 

一方で現地女性の場合は、日本語が話せないということがやはり一つの「壁」になってくるので、ライバルが非常に少ないんですね。

あなたが「女性を選択する側」に回ることができるんです。

なので20代の若くて美人な女性とも比較的すぐに結婚できるというのが、現地女性とお見合いをして国際結婚することの大きなメリットになってきます。

 

日本の状況を知っているので現地女性より結婚しにくい

また、在日外国人女性は長く日本に住むことで「日本人の現状」というものを理解しています。

自分も会社で働いて給料をもらう中で、なんとなくわかってくるんですね。

私がこのくらい働いてこのくらいの年収ということは、日本の男性はこのくらいの年収の人が多いんだろうな・・・

日本人の年収の基準に気がつくので、「ごまかしが効かない」という面があるんです。

 

現地女性の場合は日本人の年収などは知らないことがほとんどで、現地と日本では物価なども違うため、仮に日本では年収が低い方だったしても「裕福そう」という風に相手の女性に思ってもらうことができるんです。

例えばあなたが「年収300万円」だとして、日本の生活が長い女性だとそれが決して高い年収ではないということに気がつくわけですが、外国、特に東南アジアとは物価や平均年収も違うためかなり裕福という風に見られるんです。

 

結婚のための条件が厳しくなる

というのも、在日女性とのお見合いによる国際結婚のデメリットですね。

 

在日女性とのお見合いをうまくいかせるために

選り好みされたりライバルが多いなどのデメリットはあるんですが、それと同じくらいやはりメリットもあります。

現地女性とは違って日本語が話せるので会話をする上でストレスがないし、スッと日本の生活に馴染んでもらえる、というのは本当に大きなメリットですよね。

ただ在日女性との国際結婚の場合、選り好みをされるといっても日本人女性との婚活に比べるとその辺りは緩く、日本人女性よりかは結婚はしやすいですね。

現地女性との国際結婚に比べると、ライバルも多く若干結婚がしにくくなるという面があるというだけです。

 

これから日本にはどんどん外国人が来ると言われていて、これから5年間で技能実習生などが「約30万人」日本に流入してくると言われています。

その中で外国人女性との結婚も考えておくと、かなり結婚がしやすくなってくると思います。

今はもはや外国人と日本人が結婚する、ということも当たり前になってきて風当たりもほとんどありませんからね。
なので少しでも在日女性に興味がある方は、まずはお見合いをしてみるとその魅力にも気がつけて良いと思います。

 

アイエムシーでは在日外国人女性とのお見合いをセッティング可能!

海外婚活アイエムシーでは、在日のベトナム人女性などの東南アジア女性とのお見合いをセッティングさせていただいております。

年齢は20~30代と若い女性が多いので、ご興味がある方はまずは是非「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

そちらでお見合い相手の女性の情報を随時発信したり、お問い合わせやご相談も承っております。

アイエムシー公式LINE@へのご登録は上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -