2019/09/18

国際結婚では年の差婚が全く問題なく出来る!その理由とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、東南アジア専門海外婚活相談所アイエムシーです。

 

国際結婚をしようと考える方の中には、

歳も歳だし、日本女性だとなかなか相手が見つからないから国際結婚をしようと考えている

という方も多いと思うんですね。

 

職場で出会いを探そうとしてもやはりどうしても若い人とは恋愛関係になりづらかったり、相手を見つけようと思ってもなかなか難しくなってきます。

婚活パーティーなどに出ても、相手は同じくらいの年齢の女性であったり、結婚に対する見方がシビアな女性も多く、婚活をするにしてもかなり時間がかかってしまったりしますよね。

 

そこで大きな選択肢に入ってくるのが、

国際結婚

というものです。

国際結婚であれば、年の差があっても問題なく若い女性と結婚できるケースが多いです。

 

今回は、

国際結婚ではなぜ年の差婚ができるのか?

ということでお話ししていきます。

 

結婚するならやっぱり若い女性と結婚したい!

という方はぜひ読み進めてみてください。

 

 

年の差婚ができる理由1:日本人というだけで価値がある

日本だけで生活をしているとイマイチ実感できないかもしれませんが、外国人女性にとってみれば

「日本人男性と結婚できる」ということはものすごいメリットなんですね。

 

特にタイやフィリピン、ベトナム、ネパールなどの東南アジア周辺の地域の女性というのはまだまだ貧困層の人も多く、収入もやっぱり少ないんです。

例えばタイは全国民を合わせての平均年収が「115万円」と言われています。その中にはもちろん格差もあり、日本人以上に稼いでいる人もいれば、1ヶ月数万円で生活しているような人もいるんですね。

 

そういう現状の中で、貧困層の女性から見たら日本人男性との国際結婚というのはかなり魅力的に映るんです。

仮に年収が「300万円」だとしても、タイの平均年収の3倍ほどはあるので、相当に大きい金額になってきます。

日本人男性の持つ「豊かさ」というものは、外国人女性、特に東南アジア周辺の女性には魅力的に見られることが多いです。

日本に生まれてこれたというのは、実は相当にラッキーで恵まれていることなんですね。国際結婚において”日本人”という事実は、あなたにとっての大きな武器になってきます。そのブランド力というものが、国際結婚では大いに活かすことができるんですね。

 

少しいやらしいように感じられるかもしれませんが、それほど強力な武器になってくるということですね。

そのブランド力に惹かれる若い女性というのも、やはり多いです。

 

 

年の差婚ができる理由2:結婚をすれば日本に住めるという魅力

若い子にとって、「日本で暮らせる」というのは大きな魅力になってきます。

 

まず日本は給与が高いので、共働きで働くことで稼いだお金を国の両親に仕送りをすることができます。

たとえパートで働いたとしても月に10万円ほどは稼ぐことができますよね。その半分でも仕送りができれば奥さんのご家族の大きな助けになるはずです。

もちろん女性によっては専業主婦になってくれる人もいると思いますが、そこは話し合いが必要な部分かなと思いますね。

 

そして、相手の女性がこれまでそこまで裕福ではなかったり、地方に在住していたという場合は、日本に住むことでものすごい新鮮な気持ちや刺激を受けることができると思うんです。

そういった面でも、年の差があったとしても国際結婚ならそこまで悪い影響は出ないという風に考えられますね。

 

 

年の差婚ができる理由3:もともと文化が違うからジェネレーションギャップが無い

日本人女性と年の差婚をする場合、やはり大きな壁となってくるのが「ジェネレーションギャップ」というものです。

子供の頃に触れてきたもの、ドラマや映画の趣味嗜好の違い、今現在していることなどなど。

あらゆることに違いというものがあって、話が噛み合わないことが多くあったりしますよね。

 

あとは価値観などもかなり違ってきます。

一昔前まではスマホどころか、携帯もそこまで普及していなかったわけですが、今では誰もがスマホを持っていてネット上の動画などを見ている時代です。

若い女性の中にはいわゆる「Youtuber(ユーチューバー)」の動画しか見ずに、テレビはほとんど見ないという人も多いです。

食べ物を食べる前にSNSに載せる用の写真を撮ってからじゃないと食事を始めなかったり、ネットなどが普及していなかった時代を生きていた側からすると、「なんでそんなことしなければいけないの?」と疑問に感じることも多々あります。

 

 

一方で外国人女性というのは、もう元から「共通言語」というものが違ってきます。

ジェネレーションギャップ云々以前に、持っている価値観や、文化そのものが違っている場合が多いです。

それはもちろん相手側もわかっているはずで、ジェネレーションギャップを気にする必要が、国際結婚の場合はないんですね。

それが「前提」で、婚活を進めていくので。

 

年齢が近かろうが年の差があろうが、国際結婚の場合はそこまで関係がありません。考え方などが違うのがもう前提にあるから。

年の差によるジェネレーションギャップがあることで負い目を感じる必要がないというのは、国際結婚の良さかなと感じますよね。

 

 

年の差婚をしたいなら国際結婚がおすすめ

40代、50代を超えてくるとなかなか若い女性と接する機会もなく、年の差婚というものはかなり難しくなってきます。

上の方でも書きましたが、ジェネレーションギャップというものがどうしても生まれてきてしまうので、仮に出会いがあったとしても会話が続かなかったりして仲良くなること自体が難しくなってくるんですね。

 

 

一方で国際結婚の場合は、少しいやらしい話になってきますが「日本人男性」というブランド力はやはり今だに根強いので、相手が若い子であっても興味を持ってもらえるし、結婚も比較的簡単にすることができます。

特にタイやフィリピン、インドネシアなどの東南アジア周辺の国では、日本のブランドというのはやはり大きいです。

 

またジェネレーションギャップを気にする必要もありません。価値観や考え方が違うのが前提条件になってくるので。

国際結婚の面白さというのは、その隙間を埋め合わせることにあるんじゃないかなと感じられますよね。

お互いが少しずつお互いの価値観や考え方に寄り添っていく。その過程は徐々に仲が縮まっていく感覚があって面白いと思うし、嬉しさも感じられると思うんですね。

やっとこの子とここまで分かり合えるようになってきた!)という風に。

 

年の差婚になってしまうけど、若い子と結婚がしたい!

とお考えの場合は、国際結婚、特に東南アジア女性との国際結婚を選択肢に入れてみると非常に可能性の幅が広がってくると思います。

今は東南アジア女性との国際結婚が当たり前になってきている時代で、市民権も徐々に得られてきていますからね。

周りの反応が気になる、という方でも良い選択肢になってきていると思います。日本人女性にこだわる必要は、今の時代正直そこまでありませんからね。

 

アイエムシーでは東南アジア女性とのパーティーやお見合いを実施中!

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性、ベトナム女性などの東南アジア女性との国際交流パーティーを行ったり、お見合いのセッティングもしています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

パーティー情報の定期配信や、個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っております。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -