2022/11/25

バツイチ男性が再婚を決意したときに何をすべきか。年下女性とは結婚できる?

 
バツイチ男性再婚決意

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

バツイチで離婚を経験しているという男性で、

バツイチになったけど、もう一度結婚したい

と決意を固めたという方はいらっしゃると思います。

 

ただ一度再婚を決意したものの、なかなか積極的になれない、という方もいると思うんですね。

 

そこで今回の記事では、

バツイチの男性が再婚するために必要なことは?

ということでお話ししていきます。

 

記事の中でお話ししていきますが、バツイチ男性の方がむしろ結婚しやすい面も実はあり、行動次第で再婚は十分可能ですので、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

バツイチ男性はそもそも再婚はできるか?

バツイチになってしまうと、再婚することに対して消極的になってしまうかもしれません。

 

また離婚することになってしまったら、相手に迷惑がかかってしまう・・・
また同じ感じで夫婦仲が悪くなってしまうんじゃないか・・・?

 

それで何年も結婚に積極的になれなかった、という男性もいるかもしれませんが、それは非常にもったいないことなんです。

バツイチであったとしても、再婚することは十分可能です。

 

実際に、2020年の「再婚者を含む結婚数」の割合が26.7%となっており、4組に1組はどちらかが再婚者の夫婦が生まれています。

参照元:「ニッポンの再婚」最新データ紹介-2020年婚姻統計分析結果から-|ニッセイ基礎研究所

 

バツイチの男性の再婚は決して難しくない、ということがそのデータには現れています。

 

バツイチ男性=結婚できる魅力がある

バツイチ男性の再婚率は決して低くない、ということをお話ししましたが、

なぜそのようになっているかというと、以前に結婚できていたという事実が担保となり、女性としてはある程度の安心感を覚えられる、という面は大きいと考えられます。

 

結婚は生活力や魅力がないとすることは難しく、それを一度クリアしているということになるわけですからね。

 

 

今の世の中、一度も結婚できない(あえて結婚しない)男性も多いです。

 

2015年の国勢調査では、50歳までの男性の実に「23.4%」が一度も結婚歴がありません。

4〜5人に1人は結婚できた経験がない、ということですね。

参考ページ読売新聞オンライン『「生涯未婚率」男性が圧倒的に高いワケ』

 

 

確かに離婚歴があると、マイナスに捉えられてしまうこともあるかもしれません。

ただそれ以上に、「結婚できるくらいに魅力がある人なんだ」とプラスに捉えてくれて、あなたに興味を持ってくれる女性も多い、ということはぜひ知っていただきたいです。

一度結婚生活を送っている、ということで安心感や頼り甲斐を女性としたら覚えたりもしますからね。

 

再婚する決意をしたらすべきこと

ではどうすればバツイチの男性でも結婚できるのか?

それには以下のようなことが必要になってきます。

 

・出会いを増やす

・ハードルを下げる

 

出会いを増やす

まずはやはり「出会いを増やす」ことが大切ですね。

 

というよりも、出会いを増やしさえすれば再婚すること自体はそこまで難しくはないと思います。

一度結婚した経験があるわけなので、どのように女性にアプローチし、デートはどのようにすれば良いのか、といったことがわかっていると思いますからね。

 

出会いの増やし方は今は様々な方法があります。

・飲み会

・マッチングアプリ

・趣味の場

・友人、知人からの紹介

 

飲み会に呼ばれたら積極的に参加をすることは、出会いの幅を広げる意味で重要です。

飲み会だけだと呼ばれる回数に限度があるので、隙間時間を使ってマッチングアプリでも出会いを増やし。

 

何か趣味があるのなら、それに関するオフ会などに参加するのもかなり有効ですね。

やっぱり全く共通項がない女性よりも、何かしら共通する趣味などがあった方がコミュニケーションも取りやすく、仲良くもなりやすいです。

趣味がある場合は、かなり出会いのチャンスは増えると思いますね。

 

それと友人や知人にも、「誰か良い人いたら紹介してくれない?」と自分から頼むのも大事です。

友人からの紹介だと、

「〇〇さんから紹介された人なら、変な人じゃなさそう」

と女性からしても安心でき、うまくいく可能性も高まります。

 

 

そのように出会いを増やしていけば、一度結婚できているのなら間違いなくあなたに興味を持ってくれる女性も現れ、再婚するきっかけを得ることができます。

 

ハードルを下げる

また出会いを増やす中で、「ハードルを下げる」ことも大切です。

 

現在40歳を超えている、という方もいらっしゃると思いますが、40歳を過ぎるとやはり若い女性とは結婚しづらくなり、結果的にお相手もバツイチの女性か、歳が近い女性との結婚が多くなってくると思います。

 

これは再婚に限りませんが、女性に対し多くを求めてしまうと結婚はなかなかできません。

男性は若く綺麗な女性との結婚を望む傾向が強いですが、一度結婚生活を経験しておられるとわかると思いますが、結婚を成功させるために最も重要なのは「内面の相性」です。

 

年齢やルックスの良い女性は、確かに外見を見たときに魅力を感じやすいですが、一緒にいて安心感や安らぎを感じられる女性でないと段々と結婚生活が苦痛になり、離婚へと繋がりやすくなります。

女性に求める年齢やルックスをある程度下げ、内面で女性を見ることで結婚相手として考えられる女性が大幅に増えます。

 

再婚したいと決意をされたのなら、ハードルを下げることはやはり求められてきます。

そうでないと、時間とお金を浪費してしまうことも考えられますからね。

 

バツイチになった原因を再認識する

バツイチであることはそこまで大きな障害になることは少なく、「もう一度、結婚しよう」と決意をご自身の中でして出会いを増やすことで、十分に結婚できるチャンスがあるのはお話しした通りです。

 

ですが、仮に結婚できたとしても離婚に至った原因を把握できていないと、また同じ失敗を繰り返すことになってしまうかもしれません。

何かしら離婚した原因があるはずで、あらかじめそこに気づき少しずつ変えていかないと、また離婚してしまう可能性は高いです。

 

自己分析を行う

以前の結婚生活のことを振り返るのは苦しいかもしれませんが、再婚をうまくいかせるために、改めて「自己分析」する必要はあります。

 

あの時、どんなことで喧嘩することが多かったかな

何か自分の振る舞いで、相手を傷つけてしまったことはなかったかな

相手の話を聞き入れず、自分勝手に振舞ってなかったかな

 

女性との相性もあるので一概には言えませんが、おそらくあなたにも何らかの問題があったから離婚に至ってしまった可能性もあるので、思い当たる部分を自分の中で考えます。

そしてその部分についての考え方を変えたり、直す努力をすることが再婚を成功させるには大切です。

 

なかなかそういった部分に気付いて変えるというのは難しいですが、それができた時に人間的にもさらに成長できますからね。

 

 

「いや!あの時は相手が100%悪かった!!」

と言いたくなる気持ちをぐっとこらえて、自分に何か非がなかったかをぜひ考えてみてください。

 

そして何か見つかったら、それを改善する努力をする。

それができれば、結婚に限らず仕事や人間関係など、あらゆることがうまくいきだします

 

若い女性と再婚したい場合

バツイチの男性は結婚できやすい面はあるといっても、やはり本音では

20代の若い女の子と再婚がしたい

と考えていらっしゃる方もいると思います。

 

せっかくもう一回結婚するなら、若い子がいいな、と。

ですがあなたが40代以上といった年齢の場合、20代の女性と再婚するのはやはり難しいです。

 

ジェネレーションギャップの問題

まず「ジェネレーションギャップ」の問題があります。

 

20代の女性と知り合えたとしても、20歳くらい歳が離れているとなかなか会話が噛み合わず、距離を縮めるのが難しいんですね。

若い女性は「楽しさ」を恋人に求める傾向が強いので、ジェネレーションギャップがあるとなかなかに厳しいです。

 

出会いを作り出すのが難しい

また若い女性とは接点自体が持てにくい、ということもあります。

 

例えばマッチングアプリを使って20代の若い女性と会おうと思っても、そもそもマッチングがせずメッセージのやり取りもできない、というケースは多くあります。

飲み会などの場で知り合っても、年齢という距離感がどうしても生まれ恋愛対象としてなかなか見てもらえない、ということも起こりがちです。

 

 

なので、あなたがよほど経済的に豊かなどの武器がない限り、現実問題として一回り以上歳の離れた女性と再婚することはかなり難しいと言わざるを得ません。

 

若い女性と再婚したいなら国際結婚

「でも、それでもせっかくバツイチで再婚するなら若い女の子と結婚がしたい」

と思っている方も多いと思いますが、実はそれが可能な選択肢もあります。

 

何かと言うと

国際結婚

です。

 

国際結婚であれば、あなたが仮に40代でも20代の女性と結婚できる可能性はあります

 

日本人というだけでまだまだ有利

国際結婚、その中でもカンボジアやミャンマーをはじめとした「東南アジア」女性との国際結婚の場合、日本人というブランド力はまだまだかなり根強いです。

 

20歳のミャンマー女性と60歳を超えている日本人男性が結婚した、という例も実際にあり、日本人女性との結婚とは常識自体が異なります。

その60歳を超えている日本人男性と結婚をしたミャンマー女性にインタビューした動画があるので、ぜひご興味があれば見ていただければと思います。

このような女性と、結婚することがあなた次第では十分可能です。

 

もちろんデメリットもありますが、それ以上のメリットも

もちろん、言葉の問題文化の違いなどのデメリットもあります。

 

ですが、

・若い女性と結婚できやすい

・穏やかな女性が多い(カンボジアなどの東南アジアの場合)

・貞操観念がしっかりしている

といったメリットもあり、結婚する上で大きな魅力になり得る部分です。

 

もし再婚へ動き出すことをご決意されたのなら、国際結婚も考えてみると幸せな結婚生活を送れる可能性が増してくるのかなとは思います。

 

アイエムシーでは、カンボジアやミャンマーといった東南アジア女性とのご結婚をサポートしています。

会員様にはバツイチの男性も在籍していますので、ぜひご興味あればこの記事末尾の「アイエムシー公式LINE」よりお問い合わせください。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE」の方を友達追加してください。

新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

↑アイエムシー公式LINEに登録するには上の画像をタップしてください(タップするとLINEアプリが起動します)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 海外婚活相談所アイエムシー , 2020 All Rights Reserved.