学歴がないと婚活はやっぱり不利なの?高学歴ではない男性が結婚するには

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

婚活をする際に気になるものの一つに、

学歴

というものがあると思います。

婚活をしている女性が、

高学歴な男性が良い

という風に言っているところを見ることがあると思いますが、その声を真に受けてしまって不安になることがあるかもしれません。

 

(自分は良い大学出てないけど、ちゃんと婚活できるんだろうか?)

(高卒だとやっぱり難しいんだろうか?)

 

そこで今回の記事では、

本当に婚活で学歴は大事なのか?

もし大事なら、学歴が無い人はどうすれば良いか?

ということについてお話ししていきます。

学歴がコンプレックスでなかなか積極的になれない、という男性ほどぜひ読んでいただきたいです。

結婚に向けて前向きになれると思いますからね。

 

学歴があった方が婚活は有利

まず学歴があることの有利不利ですが、

婚活をする上では間違いなく「あった方が有利」です。

無いよりかはあった方が、女性から興味を持ってもらえることは多いです。

 

なぜ学歴があった方が有利かというと、女性としては

安心感を覚える

という面があります。

学歴があるということは、「これまでの人生で勉強という一つのことを頑張ってきて、ちゃんと生きてきた」、というある意味で証明になります。

 

『厚生白書』ではこのようなデータが出ています。

参照元:厚生労働省『平成25年版厚生白書 若者の意識を探る』第2節 結婚に関する意識
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/

上のデータでは、結婚のポイントとして学歴を見るか?という質問に対して、
53.3%の女性が「考慮、もしくは重視する」と答えています。

半数以上の女性が、学歴を考慮している、ということですね。

 

学歴も何も無い人が、

「こんなことを今まで頑張ってきました!」

と言うよりも、学歴がある人が、

「これまで頑張ってきました!」

という方がやはり説得力がありますよね。

 

学歴が収入の高さの担保になる

また、いわゆる高学歴の男性の方が「収入が高い仕事についている可能性が高い」です。

起業などをしている場合は話は変わってきますが、普通の会社員の場合は学歴が高い方が年収が高い仕事につけている可能性が高く、

この人と結婚したら、経済的には困らなそう

という安心感の担保になるんです。

上でご紹介した厚生労働省のデータでも、93.7%の女性が経済力を男性に対して求めている、というデータもありますからね。

 

特に婚活を積極的に行っている女性は、恋愛をするというよりも「良い結婚相手を探している」面が強く、条件を第一に相手を探します。

婚活においては、そういった面から高学歴な方が有利であることは間違いありません。

 

学歴が無い人はどうすればいいか?

「じゃあ学歴が無いと婚活はうまくいかないんですか?」

と言うと、そういうわけではありません。

学歴は、あくまでもその人を表す「1つの要素」でしかありません。

なので、他の部分で勝負をすれば良いんです。

 

例えば、「自分と趣味が合う女性」に絞って相手を探す、などですね。

趣味が合うというのは言うなれば「価値観が合う」ということなので、非常に重要になってくる部分です。

どれだけ条件が良い相手を見つけられて結婚できたとしても、相性が悪いと結婚生活ですぐに行き詰まり、離婚することになってしまう可能性があります。

価値観が合う同士で結婚すれば、もし収入などはそこまで余裕がなかったとしても円満な夫婦生活を送れやすいので、結果的に幸せにもなりやすいですよね。

実際上でご紹介したデータでは、77.8%の女性が「共通の趣味があることを考慮する、もしくは重視するという風に答えています。

 

あとは「誠実性」をアピールするのでも良いです。

誠実性はプロフィールでは表現するのは難しいですが、女性とやり取りをする中で相手女性に感じてもらうことができます。

自分ではなくて女性の考えを尊重したり、女性の意見を否定せずに受け止めてあげたり。

そういう姿勢をアピールできれば、あなたの人間性に惹かれる女性は間違いなく現れ、結婚することもできます。

こちらも上のデータを見るとわかりますが、経済力よりも人柄を重視している女性の方が多いので、そこをうまく表現できれば婚活をうまく行かせることは十分できますね。

 

ダメなのは「自信なさげにすること」

一番ダメなのは、

学歴が無いことをコンプレックスに感じ、自信をなくす

ことです。

人というのは何か一つでも大きなコンプレックスを抱えていると、そこからどんどん自信が流れ出てしまいます。

自信のなさは一挙手一投足にも現れ、常にビクビクしたりオドオドしたり、魅力的とは言えない挙動をしてしまうようにもなります。

そうなると、もし女性と知り合えたとしても魅力を感じてもらうことは難しくなり、結婚もかなりしづらくなってきます。
男性としての頼り甲斐を、女性に感じてもらうことができませんからね。

 

学歴は婚活において確かに「武器」になってくるものですが、そこでダメなのは学歴が無いことで自信をなくす、ということです。

少しあなたの周りを見渡していただきたいのですが、学歴がなくても女性にモテている男性は必ずいるはずです。

そういうモテている男性は、学歴以外の部分で自信を持っているんです。

だから、学歴が無くても女性から好意を持ってもらうことができます。

 

学歴が無くても、自分に自信を持って行動していれば必ず好意を持ってくれる女性は現れる

ということはぜひ知っていただきたいです。

 

国際結婚なら関係ない

ただ現実問題として、通常の婚活をするとなるとどうしても学歴が影響してくる部分は大きいです。

それこそ結婚相談所では学歴を提出する必要があり、学歴を男性を選ぶ一つのポイントにしている女性も多いので、お見合いをすること自体が難しくなってきてしまいます。

若くてビジュアルも良い人気の女性は、そういった不利な部分が少しでもあるとお見合いをセッティングしてもらえづらくなる、という面が婚活にはあります。

 

ですが、安心していただきたいのが

学歴が無くても、婚活をして若くて魅力的で、性格も良い女性と結婚することはできる

ということなんです。

 

それが可能なのが、「国際結婚」なんですね。

 

介護などにも積極的に参加してもらえる

国際結婚と聞くとあまり良いイメージを持たれていない方も多いですが、アイエムシーでご紹介しているミャンマー女性といった東南アジア女性は、実はかなり性格が良くて優しい女性が多いんです。

あなたがもし今介護を必要としている両親がいた場合、日本人女性と結婚するとなるとやはり敬遠される原因になることが多いですが、東南アジア女性の場合はそうではありません。

家族思いの人たちが多く、結婚相手の両親に対してもそれは同じなので、積極的に介護に参加してもらえます

それも20代の若い女性が、介護に積極的に参加してくれるんですね。

 

「日本人」というブランドも東南アジアではまだまだ強いので、日本人だけで婚活が有利になってくるので、あなたが仮に50代以上だとしても20代前半の若い女性とも結婚することが可能です。

イメージだけで国際結婚を敬遠している男性は多いですが、それはかなり勿体無いことなんですね。

特に性格も良く、魅力的な女性と結婚したい場合は国際結婚の方が良い相手を見つけやすいです。

 

アイエムシーでは現地女性の日本語習得のサポートもしているので、言葉の問題も気にせずに結婚することもできます。

もし東南アジア女性とのご結婚にご興味がある場合は、この記事末尾にある「アイエムシー公式LINE」をまずは友達追加していただき、そちらからお問い合わせください。

公式LINEでは、お見合い情報や新規女性の登録情報なども随時リアルタイムで配信しています。

 

アイエムシー公式LINE@を友達追加するには上の画像をタップ、クリックしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -