2019/09/18

男性の結婚できる年齢の限度は?何歳でも実は若い女性と結婚できる!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

結婚できる年齢というのは、結婚を考える人にとっては結構大きい部分になってくると思います。

法律的な一番早く結婚ができる年齢というと、これまでは男性が18歳、女性が16歳でしたが、2022年4月1日に成人年齢が20歳から18歳になるのを機に、結婚できるようになる年齢も男女ともに18歳に統一されるようです

参考:法務省ホームページ http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00238.html

 

法律上の結婚できるようになる年齢はそのくらいですが、気になるのは「どれくらいの年齢までなら問題なく結婚ができるのか?」という部分だと思います。年齢が結婚するのに与える影響の部分ですよね。

40歳を超えたら、もうまともな出会いなんてなくなってしまうんじゃないか?

50歳を過ぎたら、もう結婚なんて無理そう・・・

このように考えてしまって、結婚自体は諦めてしまっている人はもしかしたら多いかもしれません。

 

言わずもがなですが、20代30代なら全く悩む必要は一切なくて、出会いを探すことで間違いなく結婚することはできます。

 

今回は、今自分自身が40代、50代の男性の方に向けて、

40代50代の年齢になると若い女性と結婚することは難しいのか?

ということについて話していきたいと思います。

実際は、男性は全く問題なく結婚をすることはできるんですね。年齢はあまり関係はしてきません。

その理由について、深く話していきます。

 

若い頃は欠点があっても許されるから結婚できる

20代、30代くらいの年齢が比較的簡単に結婚できるのは、若さというものももちろんあるんですが、「欠点があってもある程度許される」という面があるんですね。

若いから、こういう欠点があっても仕方ないよね

女性も若い男性に対しては完璧を求めないので、仮に欠点があっても結婚することができる。

 

例えば、レストランで女性とデートした時に、店員に対しての態度が少し横柄だったとします。
そこでまだ20代くらいで若い場合は、ある程度女性も許すことができるんですね。
(まあ、まだ若いからそういう態度を取ってしまうんだろうな)という風に。

ただこれがもし50代の男性が店員に対して同じような態度を取っていたら、少し見方が変わってしまいますよね。
この人はこんな人だったのか・・・)みたいに。そのまま欠点として受け取ってしまう、というか。

 

20代、30代は至らないところがあって仕方ない。

そういう見方をしてもらえることが多いので、全く問題なく結婚できる年齢と考えられてますね。

 

高い年齢になると結婚するのに求められるものが多くなる

一方で男性は40代、50代になってくると、女性から「完璧さ」を求められる部分が出てきます。

店員への対応一つとっても、紳士的な態度を求められたりしますね。

そこでもし横柄な態度を取ってしまったり、良いとは言えない態度を取ってしまうとそこで幻滅をされて、その女性との関係が終わってしまうという可能性も大いにあります。

 

20代、30代の男性と40代、50代の男性へ女性が求めるものが大きく変わってくるんです。

20代や30代男性へは、一緒にいることで楽しいと感じられる感情などが重視される傾向が強いですが、40代50代男性には「豊かさ」であったりとか「落ち着き」などを求める女性が多いです。

豊かさというのはやはり年収というのも関わってきて、そこが低いと結婚しにくくなったり、あとは落ち着きなどを女性に対して感じてもらえないと、やはりそこでも好印象を持ってもらいづらくなってくる。

そういった面で、求められることが増えるということが、年を重ねるごとに結婚できる年齢ではなくなるんじゃないか?と言われる大きな原因ですよね。

 

結婚できる年齢を過ぎても結婚はできるか?

50代なのに豊かさが無いんなら、もう一生結婚できないんじゃないか・・・?

もしかしたらそのように感じられる方もいるかもしれませんが、正直確かに日本人女性を相手にする場合は不利になることが多いかもしれません。

若い女性や美人で魅力的な女性というのは、やはりどうしても他の年収が高い条件が良い男性などを選んでしまったりしますからね。
特に婚活をしている女性に関しては、まず条件面で見られてしまうので、その条件面で魅力を感じてもらえないとその次にもなかなか進む事ができません。

日本人女性と結婚することを目指すなら、年齢やルックス、職業などの条件が自分の好みとは合わない女性と結婚する必要も出てきます。「妥協する必要」ですよね。

 

ただ結婚できる年齢ではないと言われやすい40代50代以上で、そこまで年収が高くなかったり、自分にあまり自信がなかったとしても、若くて美人な女性と結婚できる方法が実はあるんです。

それが「国際結婚」というものなんですね。

 

結婚できる年齢が国際結婚なら一切関係ない

国際結婚の場合、相手の国によっても変わってくるんですが、例えばタイやミャンマーといった東南アジア女性を相手にする場合、日本の中で年収が低かったとしても全く問題にはならないんですね。

タイの平均年収というのは「140万円前後」という風に言われていて、富裕層も含んでのその数字なので、実際はもっと年収が低い人が多いです。

なので仮にあなたの年収が「400万円」とした場合、タイ人女性からしたらものすごく「裕福に見られるんです」

ミャンマーに関してはさらに平均年収は低いので、ミャンマー人女性を相手にする場合はそれだけで結婚できるくらいの「武器」になってきます。

 

日本国内では自信を持てなかったとしても、日本から一歩世界に出るだけで女性から魅力的に見られることが大幅に増えるんです。

(もう結婚できる年齢じゃなくなったしな・・・)と思っていたのが嘘のように結婚候補が現れるんですよね。

 

若い女性や美人な女性とも結婚できる

上の項で話した事情から、20代の若い女性」や「美人な女性」とも結婚することは十分可能です。

あなたが50代以上と結婚できる年齢ではないと言われがちな年齢だったしても、世界の女性を選択肢に入れることでそのような女性と結婚することができるんですね。

 

日本人女性と結婚する場合は、20代くらいの女性と結婚をするのは余程のことがない限り難しいですが、タイ人女性やミャンマー人女性との結婚なら当たり前のようにそのような例はあります。

国際結婚自体ももはや当たり前になってきますからね。そういう例も増えてきています。

50代くらいの日本人男性が20代のタイ人女性と結婚をする、といった光景はテレビなどでも見ることがありますよね。あなたの周りにも、そのような人はいるかもしれません。

 

なのであなたがもし、

もう50も過ぎたし、結婚できる年齢じゃないしな・・・

と思われている場合は、ぜひ国際結婚というものも視野に入れてみていただきたいんです。

世界に目を向けてみる、特にタイ人女性やミャンマー人女性を相手にすることで、一気に結婚できる可能性が広がるので。

タイ人女性などは今本当に魅力的な女性って増えているんですよね。
日本でいうアイドル級の女性というのも今は普通にいます。

下の記事でアイエムシーで提携している「ゴルフスクールに在籍しているタイ人女性」の写真を載せているので、ぜひご興味があれば読んでみてください。かなり、認識が変わると思うので。

 

診断などは関係ない

よく、

「あなたの結婚できる年齢は?」

という診断があったりしますが、ああいうのは正直意味がありません。

 

結婚するために必要なのは、

出会いを自分から探す行動力

相手の女性を思いやる事

自分が持つ魅力を最大限に引き出す努力をする事

 

この3つなんですよね。
診断を受けたりすると確かに安心などをするかもしれませんが、良い診断を受けたとしてもその3つが伴わないと絶対に結婚することはできません。

 

結婚診断は「モチベーション」にするのが一番良いですね。

診断では来年には結婚できると言われたから、それを実現するために頑張ってやる!

それが一番正しい診断の活用方法だと思います。

 

その結婚に必要な3つのことの中の「出会いを探す」ということにおいては、やはり国際結婚が一番やりやすいと思います。

今の自分の年齢も正直関係ありませんからね。タイやミャンマーの女性を相手にする場合は、日本人ということ自体が武器になって、魅力を感じてもらえるので。20代くらいの若い女性や美人な女性とも結婚がかなりしやすいですからね。

努力を日本人女性相手よりもショートカットできるので、国際結婚は強くおすすめしたいですね。

 

でも、国際結婚だと身内に反対されるかもしれないから・・・

と不安に感じる方も多いと思います。そのような不安を抱かれている方はまずぜひ下の記事を読んでみてください。その不安が晴れると思います。

 

アイエムシーでは東南アジア女性とのパーティーやお見合いを実施中!

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性などの東南アジア女性との国際交流パーティーを行ったり、お見合いのセッティングもしています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

パーティー情報の定期配信や、個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っております。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -