国際結婚の費用は本当に高いのか?料金の仕組みや結納金について解説します

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

国際結婚をしようと考えたときに、このように感じてしまう方もいらっしゃると思います。

国際結婚ってお金かかりそうだから、抵抗がある・・・

自分で出会いを探すのならまだしも、国際結婚相談所を頼ると成婚料金などの費用が高く付いたり、それに加えて結納金や結婚式代を加えるとものすごい金額になってしまうんじゃないか?

それが原因で国際結婚に興味があっても一歩を踏み出せない、という状態になっている方はいると思います。

普通の国内結婚相談所を頼って結婚するよりも、国際結婚相談所の方が高いイメージは正直あったりしますよね。

 

しかし、国際結婚というのは実際のところ「特別高くないんですね。

むしろ日本人女性と結婚するよりも安く済むケースもかなりあります。

 

今回の記事では

本当に国際結婚は費用が高くつくのか?

ということについてお話ししていきます。

 

(国際結婚に興味があるんだけど、費用や料金が高いイメージがあってどうしても二の足を踏んでしまう・・・)

と今もし感じていても、(意外と自分でも大丈夫そうかも!)と感じられると思いますので、ぜひこの先を読み進めていただければ幸いです。

 

国際結婚はどのくらいの費用がかかるか?

まず国際結婚の費用はどのくらいになってくるかというと、主に発生してくる料金としては

 

・お見合い費(現地に行く場合は渡航費なども含む)

・成婚料

・結納金

・結婚式代

 

この辺りとなってきます。

国際結婚ではこれらはどのくらいの料金がかかってくるのか、一つずつ詳しく解説していきます。

 

お見合い費

お見合い費は、在日の外国人女性と結婚をする場合はそれほど高くはなってきません。
だいたい一度のお見合いで1万円前後の場合が多いですね。

 

一方で現地の外国人女性とお見合いをしたいという場合は、現地までの渡航費や、スタッフの同行費も含めると、これは目安ですが「30万円」ほどはかかってきます。

(それはちょっと高いんじゃないか?)

と思われるかもしれませんが、女性のスケジュール調整であったり、スタッフや通訳の渡航費も合わせるとそのくらいの料金になる場合が多いです。

 

あまりお見合いにお金をかけたくないという場合は在日女性がオススメですが、現地の外国人女性の方がライバルの男性が少ない分「20代の若くて美人な女性」ともお見合いがしやすいんです。

費用は増えてしまいますが、現地の女性とお見合いをするのはそれ以上のメリットがありますよね。

 

成婚料

次に成婚料ですが、これは概して「60万円」前後のことが多いですね。

ここで注意が必要なのは、現地の外国人女性”と国際結婚をする場合はその倍の料金が発生します。

それはなぜかというと、結婚相談所はご結婚される男女からそれぞれ成婚料をいただいているのですが、現地女性の場合は成婚料を支払える能力がないことが大半なんです。

現地女性の分も合わせてお支払いただくという形となるので、倍の費用が発生してきます。

アイエムシーでも、在日女性との成婚料は「60万円」ですが、現地女性とのご結婚の場合は「120万円」いただいています。

現地の外国人女性の場合は求められる条件も在日の女性に比べ低く、20代の若い女性とも結婚しやすいので、その辺りはあなたがどういう女性と結婚したいかで変わってくる部分ですね。

 

結納金

国際結婚をする際には国内結婚同様結納金もかかってきます。

結納金に関しては、相手女性の出身国や年齢などによっても変わってくるので一概には言えないのですが、中国人女性の場合を例に出すと、だいたい「50万円」ほどが結納金として必要になってきます。

そこは相談所ではなく相手家族に直接支払うものになってくるので、別途ご自身で用意していただく必要があります。

 

結婚式代(指輪代)

相手国によっては結婚式を盛大に行うような国もあり、その費用もかかってきます。

ただ日本ではなく物価の安い外国で行う場合は、日本の結婚式よりもリーズナブルに済むことがあります。

結婚指輪も、その際に用意する必要がありますね。

 

日本人女性と結婚する場合

では日本人女性と結婚する場合はそれよりも安いのかというと、決して安くはないんです。

国内の結婚相談所を利用する場合、成婚料は当然かかってきます。

大手の相談所の場合は成婚料が10万円以下と安いケースもありますが、その分「登録料」が高かったり、「月会費」もかかってくるので、利用期間が長くなるにつれてそれなりの費用になってきます。

 

そして結納金も相手家族に対して支払います。

日本人同士の場合は地域などによっても変わるので一概には言えませんが、だいたい「100万円~150万円」ほどが相場ですね。

 

結婚式や指輪も行う場合はかなり料金が高くなってきます。

親族の他に友人や職場の同僚、上司なども呼ぶと料理代などがかなり高くつき、日本の結婚式の平均費用は「300万円」と言われています。

それに婚約指輪なども加わると、国際結婚と比較するとかなり高いという風に言えます。

 

あと大きいのが「新婚旅行」です。

ツアー会社が提供している「ハワイへのパッケージツアー」に参加する場合でも、50~60万円の費用が発生してきます。

 

結婚式などと合わせると、日本人同士の結婚でも多くの費用がかかってくるということが実際の数字を見ると見えてきますね。

 

国際結婚は決して高くない

成婚料が高いイメージがある・・・

お見合いするだけでもかなり料金がかかってきそう・・・

このようなイメージをもしかしたら国際結婚に対して持たれているかもしれませんが、実は国内結婚と大きな差はないんです。

むしろ相手の女性の出身国によっては、国内結婚よりも安く済むケースも多いくらいです。

 

これが欧米などの女性と結婚するとなると、日本と物価もそこまで変わらないので費用も高くなってくるケースは多いです。

しかし東南アジアなどの女性と結婚する場合、物価が日本よりも低いので結納金や結婚式なども安く済み、費用もあまりかかりません。

お見合いや結納、結婚式をあげるのに現地に赴きますが、今はLCCというものもあるので、そういったものを活用すれば費用を低く抑えることもできます。

アイエムシーではミャンマー女性をはじめとした東南アジア女性をご紹介していますが、外国在住の女性とご結婚される場合、日本ではなく現地に赴いて結納と結婚式を同時に行います。

なので通常の結婚よりもリーズナブルになっていますね。

 

経済的余裕がない方こそ国際結婚はおすすめ

お金がないと国際結婚はできないんじゃないか・・・?

と思われるかもしれませんが、経済的にあまり余裕がない方にこそ国際結婚は実はオススメなんです。

費用自体は、これまでお話しした通りむしろ日本人女性と結婚する場合よりも安く済むことも多く、何より「一緒に頑張ってくれる」女性が本当に多いんです。

東南アジア女性の場合は、共働きすることに対して抵抗がない女性が多く、あなたが何かビジネスを始めたいという場合でも積極的に参加してくれます。

国際結婚後に今の仕事を辞めて何かビジネスや事業を興す、ということも非常におすすめですね。

 

また、国内結婚だと経済的に余裕が無いと「結婚がしづらい」面がどうしてもあります。

結婚相手に対して

安定的な仕事に就いているか

年収は安心して暮らせるほどにあるのか

こういう部分を重視している女性は多く、ある一定の基準に達していないと興味を持ってもらえないことが現実問題多いんですね。

 

ですがアイエムシーでご紹介している東南アジア女性の場合、そもそも物価が日本と比べて低いので経済的に余裕がなかったとしてもそこまで問題にはならないんです。

むしろ現地の人から見たら日本人というだけで豊かに見え、好意を持ってもらえるということは多いです。

 

(国際結婚に興味あるけど、年収は高く無いしな・・・)

そういう方こそ、国際結婚の方が若い美人な女性と結婚できるチャンスがあり、おすすめです。

少しでも国際結婚にご興味がある方は、ぜひ「アイエムシー公式LINE」よりお問い合わせください。

 

アイエムシーではお見合いツアーや国際結婚セミナーを開催しています

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性を始めとした東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

また今後、より良い相手と確実な結婚をするための「国際結婚セミナー」も行っていく予定です。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

パーティー情報の配信や、個別でのお問い合わせやご相談をそちらで承っております。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -