2019/09/18

東南アジア女性と国際結婚をしたい場合、出会いはどこにあるの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、東南アジア専門海外婚活相談所アイエムシーです。

 

東南アジア女性と結婚したいと思った時にやはり困るのが

出会いが無い

ということだと思います。

日本で普通に生活している中で、そうそう東南アジア女性との出会いって実際ありませんよね。

自然と仲良くなれる環境というのが、日本人女性を相手にする場合と違ってほぼないというか。

 

今回の記事では、

タイ、フィリピン、ミャンマー、ネパールなど東南アジア女性と国際結婚をしたい場合に、どのように出会えばいいのか?

ということについてお話ししていきたいと思います。

東南アジア女性との国際結婚に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

“パブ”で東南アジア女性と出会う

 

まず、日本国内でタイ人女性やフィリピン女性などと知り合おうと思った場合、一番簡単に出会える場というのは「パブ」になってくると思います。

フィリピンパブなどはお店に入るだけで女性が接客をしてくれるので、こちらが特に頑張らなくても東南アジア女性と気軽に話ができる場です。

取りあえず、パブでも行ってみようかな・・・

と考えた方も多いと思います。

 

パブは確かに簡単に東南アジア女性と接することが出来る場ではあるのですが、そこから「恋愛関係」に発展させようとすると難易度がかなり上がってきてしまいます。

基本的にパブで働いている東南アジア女性というのは、あくまでこちらのことを「お客さん」として接してくるので、そもそも恋愛対象として見てもらうのが難しいんですよね。

それに、お店に来る男性の中にはお金持ちの男性もいれば、若くてルックスも良い男性が来たりもします。
つまり、「強力なライバル」がフィリピンパブなどの場合はいる可能性が高いんですね。

 

お店の女性と恋愛関係になろうとした場合、やはり何度もお店に通ってまずはこちらのことを「認知」してもらって、少しずつ仲を進展させていくしかありません。
その際に時間もかかってくるし、お金も当然ながらかなり費やすことになると思います。

 

お金や時間に余裕がある方であればパブで女性を探す、という選択肢は全然ありだとは思うのですが、なかなか頻繁にパブに通えるような状況でない方も多いと思うんですね。

お店に通ってもその女性を落とせなかったときのリスクを考えると、なかなか出会い方としては難しくなってくるのかなと感じます。

 

普通のお店の女性店員と仲良くなる

 

最近は、コンビニ飲食店に東南アジア女性が店員として働いているところをよく目にします。

特に東京などは、ファミレスなど、どこかのお店に入ると必ず1人は東南アジア女性がいるというくらい、一般的になってきました。

そういうお店で働いている女性は、留学生などある程度日本語も話せる場合が多く、かなり魅力的な女性も多いです。

そういった「普通のお店」で働いている女性と仲良くなることを目指す、という選択肢もアリですよね。

 

ただ、普通のお店で働いている女性と仲良くなるには、やはりハードルがかなり高くなってくるんです。

こちらから積極的に話していかないとダメだし、相手は普通の店員さんということで無暗に話しかけても迷惑をかけてしまったりして、かなり難しいんですよね。

そういう店員さんを落とすには、まずそのお店の「常連」になり、存在を認知してもらうのが大切になってきます。

仲良くなれば恋愛関係になれることも可能だとは思うのですが、時間もそれなりにかけて行かないとダメですよね。

 

現地の東南アジア女性と知り合う、という出会い方

 

日本にいる東南アジア女性を狙うのではなくて、

現地に行って、現地女性と仲良くなることを目指す

ということでも良いですよね。

 

現地の女性ということで、日本語で会話ができる可能性は低いですが、母国語のほかに英語を話せる女性はいるため、多少英語を話せるのであればコミュニケーションを図ることはできます。

今は英語を話せないのは日本人くらいなんじゃ?というくらい、多くの国では英語を話せる場合が多いです。
教育をしっかり受けている女性であれば、まず英語は話せますよね。

 

現地に行く余裕があり、英語も多少話せるということであれば現地に何度か足を運んでそこで女性と仲良くなる、ということで国際結婚ができる可能性は十分にあります。

ただ現地の女性は日本の文化などもほぼ知らないことが考えられるので、結婚に対してなどの価値観に相違がかなり出てくる可能性がある、という点は注意が必要ですね。

 

東南アジア女性のことをまずは”知る”ことが大切

 

日本人女性と東南アジア女性とでは、上でもお話ししましたが価値観が大きく変わってきて、それぞれの国によって”大切にしているもの”というものは違ってきます。

 

例えばですけど、
日本人は家族というよりかも「仕事」を優先するような面があります。

一方でアメリカ人は仕事よりも「家族」を優先し、家族に何かあった場合は仕事を抜け出してでも家族との時間を取ろうとします。
スポーツ選手とかでよくそういったことってありますよね。シーズン中でも奥さんの出産や家族の病気などですぐさま国へ帰る、みたいなことは。

 

国際結婚をするには、まずはその国の「価値観」などを十分に把握しておく必要があります。

タイの女性と国際結婚をしたいという場合であれば、タイの女性はどのようなことを男性に求めているのか、ということをあらかじめ理解しておくことが大切ですね。
仕事を頑張っている男性が好きなのか、それとも家族を大切にする男性を好むのか。

国全体の「風土」というものが必ずあるので、その風土を理解して東南アジア女性と接することで、関係がうまく行く可能性が大幅に高まりますよね。

こちらの記事でもお話ししているんですけど、日本人男性というのは今でもかなり東南アジア女性にモテるので。

 

アイエムシーでは東南アジア女性とのパーティーやお見合いを実施中!

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性、ベトナム女性などの東南アジア女性との国際交流パーティーを行ったり、お見合いのセッティングもしています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方にご登録ください。

パーティー情報の定期配信や、個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っております。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -