【国際結婚】偽装結婚は今でもある?女性に逃げられるリスクについても解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

外国人女性と国際結婚をする際に注意したいことに

偽装結婚

というものがあります。

 

また偽装結婚ではなくとも、外国人女性が結婚後に母国に帰ってしまうケースも少なからず起こり得ます。

 

それらは国際結婚をする時の最大のリスクと言っても良いかもしれません。

 

今回はその「偽装結婚」、もしくは「女性が逃げ出してしまう」ことについてお話ししていきます。

外国人女性と結婚したい考える際には絶対にあらかじめ理解しておきたいことになりますので、ぜひこの先を読み進めてみてください。

 

国際結婚における偽装結婚とは?

まず偽装結婚とはどういうものかご説明すると、

在留権を獲得することを目的とした国際結婚

のことを言います。

 

在留権とはいわゆる「日本人の配偶者等(配偶者ビザ)」のことで、普通にビザを発行してもらうよりも条件が緩く、最長で5年の在留期間があり、それを取得するために結婚を行います。

 

以前は「興行ビザ(タレンドビザ)」という在留権があり、外国人女性をモデルなどと偽ってパブなどで働かせる、といったことが横行していました。

ただ2005年ごろから不法滞在の規制が強まり、タレントビザの取得が難しくなったことから偽装結婚が行われるようになり今に至ります。

 

現在では偽装結婚の取り締まりも厳しくなっているので数は少なくなっていますが、ゼロではないので注意が必要です。

 

国際ロマンス詐欺との違い

最近「国際ロマンス詐欺」という詐欺が増えてきていますが、こちらは偽装結婚とは手口や目的が異なります。

 

ロマンス詐欺というのは強いていうなら「振り込め詐欺」のようなもので、マッチングアプリなどで知り合った男性に対して、

 

大きな病気をしてしまって治療費がかかってしまう

家族が倒れてしまって、入院費が必要になった

あなたの国まで行きたいから、旅費が欲しい

 

なにかと理由をつけて金銭を振り込むように言ってきます。

ただそれは嘘で、振り込んだ矢先に連絡が途絶え、その時に始めて詐欺に遭っ他と気がつきます。

 

偽装結婚との違いは、

在留資格目的か、目先の金品目的か

です。

 

マッチングアプリを使う方は詐欺に要注意

今はマッチングアプリを使って外国人女性との出会いを探している男性は多いですが、アプリを使われる際は詐欺には十分に注意する必要があります。

大半は前述のロマンス詐欺ですが、金品を求められることなくちゃんとやりとりが続いても偽装結婚の可能性もゼロではありません。

 

もちろん普通の外国人女性もいるわけですが、大まかな見分け方としては

写真がモデルのように綺麗すぎる

すぐに連絡先を交換してこようとする

相手からアプローチが来る

場合は十中八九詐欺なので、そのような女性とマッチングしてもやりとりをしないようにするのが賢明です。

 

 

偽装結婚のリスク無く結婚するには?

偽装結婚や詐欺についてこれまでお話ししてきましたが、では偽装結婚のリスク無く、女性に結婚後に逃げられることなく結婚するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

主な方法としては以下のようなものがあります。

 

・日常生活で知り合った女性と結婚する

・仲の良い友人からの紹介で結婚する

・結婚相談所を利用する

 

日常生活で知り合った女性と結婚する

日常生活というのは、例えば職場であったり、趣味の場で知り合った女性ということですね。

 

結婚を前提としない場での出会い」の場合、そこに偽装結婚をする打算がある可能性はかなり低いと言えるので、結婚後も逃げられたりするリスクは少ないです。

 

日常生活での出会いの場合、少しずつその女性の人間性を知れるのも良いですよね。

その女性の価値観などもある程度わかった上で付き合い結婚することができるので、一番理想の結婚の形と言えると思います。

 

ただ日常生活で外国人女性と接する機会が少ない方も多いと思いますし、仮にいたとしても必ずしもあなたの好みに合った女性であるとは限りません。

かなり運の要素が強い出会い方になってきます。

 

仲の良い友人からの紹介で結婚する

仲の良い友人からの紹介は、その友人がよく知っている女性であれば信頼できる人である可能性が高いです。

 

その紹介してくれる友人との関係性も大事で、昔からの仲の良い友人であることが大切です。

付き合いが浅い友人からの紹介の場合は、少し警戒して女性のことをよく観察する必要はあると思います。

 

紹介に関してもデメリットはあり、紹介してもらった手前女性を無下にできない、ということがあります。

その女性が全く好みでなかったとしてもすぐにやり取りを止めてしまうと、友人に申しわけが立たないですからね。

 

結婚相談所を利用する

結婚相談所は多くの場合身元がはっきりしている女性のみが登録されているので、偽装結婚に遭う可能性は低いと言えます。

 

ただ国際結婚相談所の場合、詐欺的な相談所も存在するためその相談所のことをよく調べることが大切です。

例えば問い合わせをしてみて対応などがしっかりしているか、存在がはっきりしている相談所なのか、女性をちゃんと精査した上で登録してあるのか、などです。

 

ホームページに多くの外国人女性を載せてあると「安心できそうな相談所だ」と思ってしまいがちですが、すでに退会している女性が載せてあったり、他の相談所と掛け持ちしている女性も多いため女性の人数だけで判断するのは非常に危険です。

 

 

偽装結婚を避けて国際結婚をすると考えた場合、主な選択肢となってくるのがご紹介したものになってきます。

まずはとにかく「身元をしっかりと確認する」ということが詐欺を避ける一番の防衛策です。

 

逃げられてしまうことも

今回は主に偽装結婚についてお話ししてきましたが、偽装結婚では無くても結婚した後に外国人女性が逃げ出して国に帰ってしまうというケースも稀にですがあります。

 

・女性がホームシックになってしまう

・日本で友人ができず、ストレスを抱えてしまう

・日本の文化や暮らしに馴染めない

 

などなどが主な理由です。

 

そういうケースの場合、正直にお話しすると事前に「どの女性が逃げ出してしまうか」判断するのはかなり難しいです。

 

対策としては、とにかく結婚相手の女性がストレスや孤独を感じないようにフォローする日本の価値観を押し付けないたまに一緒に女性の出身地へ帰る、といった配慮が必要になってきます。

 

結婚相談所で成婚後に起こる可能性がある

相談所を頼る場合は偽装結婚に遭う可能性は今は少ないですが、成婚後に逃げられてしまうケースは少なからずあります。

相談所も女性に身元確認には最新の注意を払っていますが、結婚後に逃げ出してしまうかどうかまでは判断することができません。

 

この部分に関しては相手女性によって異なってくるので、とにかく大事なのは「女性が孤独やストレスを感じないように接してあげる」ことです。

相手女性としては知らない国に来るというだけでとてつもないストレスや不安を抱えているので、日本の考えを押し付けるのではなく、相手女性の価値観や文化も尊重して思いやりを持って接することが夫婦円満の秘訣になってきます。

程度は違えど、その辺りは日本人同士で結婚する時と変わりませんよね。

 

偽装結婚と女性に逃げられるリスクについてまとめ

今回国際結婚における偽装結婚について主にお話ししましたが、偽装結婚自体は在留権の不正入手の規制が強まっていることなどもあり減ってきています。

 

ですが、国際結婚をした後に結婚相手の女性が逃げ出してしまうという例は今でも見受けられます。

在留権目的では無く、日本の生活に馴染めずに国に帰ってしまう、というケースですね。

このケースに関しては誰が悪いとは一概には言えず、完全に防ぐのはかなり難しいのが実情です。

ですが女性がストレスなく日本での生活を送れるように配慮してあげることで、女性が逃げ出さずに夫婦円満に過ごせる可能性を高めることはできます。

 

国際結婚をもししたいと考えるなら、その辺りを事前に把握しておくことが結婚生活をうまく行かせる秘訣になってきます。

 

アイエムシーでは主にミャンマー女性とのご結婚をサポートしています。

もちろんご紹介する女性の身元は事前にしっかりと調査していますので、偽装結婚に遭うといった心配はありません。

少しでも興味がある、もしくは質問がある方はこの記事末尾の「アイエムシー公式LINE」よりお気軽にお問い合わせください。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性を始めとした東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方を友達追加してください。

お見合い新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -