スペックが高くない男性は婚活をうまくいかすことはできないのか?

 
婚活スペック男性

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

婚活をする上で、やはり男性のスペックは女性から最も見られるポイントです。

そのスペックが低いことで、自信がなく、婚活に対して積極的になれない男性は多いかもしれません。

 

ですが、スペックが低いと婚活を成功させることはできないのでしょうか。

 

今回は、

スペックの平均と、平均に満たない男性が婚活を成功させるには?

といった内容でお話ししていきます。

 

婚活をしていきたいけど、自分のスペックにはあまり自信がない、という男性には特にご参考いただきたい内容となっていますので、ぜひ読み進めてみてください。

 

自分のスペックに自信がなく婚活できない男性へ

婚活をしたいけども、自分のスペックにどうしても自信が持てずに行動できない。

すでに婚活をしているけども、なかなかうまくいかず自信を持てない。

 

あなたは今、このような状況かもしれません。

 

 

婚活は、「スペックが全て」と言われることが多いです。

職業や年収、年齢、ルックスなどが優れた男性でないと成婚することはできない、と。

 

それは実際のところ事実で、スペックが他の男性と比べ劣ってしまうと女性とのマッチングが難しくなり、婚活が成功する確率も低くなります。

 

スペックが高い人はむしろ婚活は成功させにくい

ただ、スペックが良いからと言って必ずしも良いことばかりではなく、スペックが高い男性は逆に婚活がうまくいかないことも多いんです。

 

スペックが高い男性にはやはり女性が集まります。そこには多種多様な女性がおり、ある意味で選り好みできる状況と言えます。

そんな風に選り好みできる状態になると、一人の女性に決めづらくなるんです。

 

これが結婚を前提としない場でなければ、モテることには特に問題はありません。

しかし婚活はあくまでも一人の女性を選ぶ場であり、モテる男性が必ずしも有利というわけではないんです。

 

 

お見合いできる女性の人数が少ない方が、むしろ「この人!」と女性を選びやすく、結婚できやすい面はあります。

 

 

「自分はスペックが低いから、婚活は無理だ・・・」

と諦めてしまうのは非常にもったいないです。

スペックが高くないからこそ得られるメリットも考え方によってはある、ということですね。

 

日本人男性の平均スペックは?

そもそもの話で、平均スペックとはどのくらいなのか、ここからはご紹介していきます。

ここではいわゆるスペックと言われることが多い

 

・年収

・学歴

・身長

 

の平均をご紹介していきます。

 

年収

まず年収ですが、転職サービスのDODAが自社サービスの利用者を元に調査したデータによると、以下のようになっています。

 

日本人平均年収

引用元:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】|doda

 

20代男性が363万円、30代男性が474万円、40代男性が563万円、それ以上の年代が664万円となっています。

 

ただそれはあくまでも特定の転職サービスを利用する人たちのデータであり、一概には言えません。

また結婚相談所に登録する人の平均も変わってくるため、その年収よりも満たないからと自信をなくす必要はありません。

 

ですがその平均年収以上に年収があるのなら、婚活を進める上で不利にはならず、むしろ武器になってくることも十分考えられます。

 

学歴

次に学歴ですが、令和2年度(2020年度)の男性の大学進学率は「57.7%」となっています。

引用元:男女共同参画白書 令和3年版|男女共同参画局

 

男性の半数以上は大学に進学していますが、その中でも偏差値はピンキリであり、入学難易度が低い大学に入学している人も多くいます。

いわゆるGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)や早慶上智など、知名度や偏差値も高い大学を卒業しているのであれば大きな武器になりますが、そのような人たちはごく一部です。

 

身長

最後に身長ですが、日本人の年齢別の平均は以下のようになっています。

 

日本人男性平均身長

引用元:令和元年国民健康・栄養調査報告|厚生労働省

 

おおよそのイメージ通りで、170cmほどが平均となっているので、そこを基準に高い方が有利にはなってきます。

目に見えるスペックに関しては、ご紹介してきたような数字が基準となってきます。

 

スペックが平均に満たない男性が結婚するには

婚活は残酷な世界で、スペックが高いか低いかで女性からの反応も変わり、お見合いできる人数にも差が出てきます。

婚活は打算で結婚相手を探す場なので、それは仕方のない面もあります。

 

ですが、お見合いできる人数が変わるということだけで、必ずしも結婚できないわけではありません。

ではどうすれば、スペックが平均に満たない男性が婚活を成功させられるのか、ここからその方法をご紹介していきます。

 

自分を磨く

自分を磨くというのは、例えば

 

・コミュニケーションや心理学について学ぶ

・体を鍛える

・ファッションセンスを磨く

・清潔感に気をつける

・趣味に没頭してみる

 

などなど、自分の苦手なことを改善したり、興味が持てることで良いので、自分が成長するための行動を取ってみます。

 

自分磨きをすることで、まず自分に自信がつくのが非常に大きいです。

一挙手一投足が堂々としたものになり、女性に対して魅力を与えることができます。

魅力的な男性はちょっとした動作でもどこか堂々した様子を感じさせますが、そのような状態に自然となることができるんです。

 

また知見が広がることで、女性と会話をするときの話題の幅が広がるというのも大きいです。

 

今あまりモテる方ではなく、女性に興味を持ってもらうためには、やはりどこかを変えていかなければなりません。

ただ本当にちょっとしたことで自分に自信がついたりはしますので、ぜひ自分磨きは意識してしていただきたいことです。

 

選り好みをしない

婚活において、一度選り好みをし始めてしまうとドツボにハマってしまうことが多いです。

 

これまでお話ししてきているように、婚活はスペックが良いか悪いかで如実に異性からの反応が変わります。

魅力的な男性には多くの女性が興味を持ち、魅力的な女性には多くの男性がアプローチします。

 

年収が平均よりも低かったり、年齢が40歳を超えているなどする場合、マッチングできる女性はどうしても限りが出てきます。

いわゆる若くてルックスも良いような女性とお見合いすることは難しく、条件を下げないとなかなかお見合いができません。

そういった女性を追い求めてしまうと、いつまで経ってもお見合いできないということが起こってしまう可能性が高いです。

 

 

一方で、選り好みさえしなければ、あなたのスペックが平均に満たなかったとしてもお見合いすることは十分可能です。

これまで婚活をしたご経験がある場合、興味があまり持てなかっただけで女性からアプローチが来ることもあったと思うんです。

 

条件面などで興味が持てなかったとしても、プロフィールではその人が持つ空気感などを感じることはできません。

実際に会ってみると予想以上に波長が合い、「この人といるとなんかすごい自然体でいられるな」といった女性とのご縁が生まれることも十分考えられます。

最初の条件の段階で選り好みしてしまうと、そういった内面でものすごく相性が良い女性との縁を作るきっかけが得られず、非常に勿体無いんですね。

 

 

結婚に関しては年月が過ぎるごとにあなた自身、そして女性もどんどん歳を取っていきます。

 

結婚相手の年齢が若かったり見た目が良いに越したことはありませんが、結婚はそれだけでは長続きせず、価値観の部分などの相性が非常に重要になってきます。

条件面である程度妥協できるようになると、選択肢が大幅に広がり、結果的に幸せな結婚生活を送れるお相手と巡り会える可能性も高まってきます。

 

国際結婚ならスペックは問題なし

ここまでは「国内で日本人女性相手に婚活をする」前提でお話ししてきましたが、外国人女性相手に婚活をする国際結婚の場合はその限りではありません。

もしスペックが平均に満たないとしても、自分よりも若い女性と結婚することは十分可能です。

 

日本人男性と結婚したい外国人女性は多い

世界的に見た時に、日本は衰退してきているとはいえまだまだ豊かな国と言えます。

他の国、例えば東南アジアの国から日本を見ると、ものすごく豊かな国に見えるんです。

 

例えばミャンマーなどは、平均年収が13万円ほどと言われており、日本の平均の10分の1にも満たない生活水準です。

そんなミャンマーの人たちから見ると、年収が300万円ほどの男性もかなり裕福に見え、結婚する上で何の問題も感じません。

 

 

また、日本人男性と結婚することで在留権を取得でき、日本で働くこともできるようになるのも外国人女性にとって魅力に感じるポイントです。

給料を現地の家族へ仕送りしてあげれば、それだけでかなり生活の助けにもなりますからね。

 

一回りほど年下の女性と結婚することは容易

国内での婚活だと、自分と同年代くらいの女性でないと成婚することは難しいですが、

国際結婚ならひとまわりほど離れた女性であれば結婚することは容易です。

 

もちろん20歳以上など、あまりにも年が離れている女性とは男性側のスペックがそれなりに求められますが、一回りほど年下の女性なら平均に満たないスペックだったしても十分結婚が可能です。

 

「どうせ結婚するなら、自分よりも年下の若くて元気な女性が良い」

という方は国際結婚も選択肢に入れると、理想のお相手が見つけやすくなるのではないかと思います。

 

アイエムシーではミャンマー、カンボジアといった東南アジア女性とのご結婚をサポートしています。

少しでもご興味あれば、この記事末尾の「アイエムシー公式LINE」よりお気軽にお問い合わせください。

 

婚活における男性のスペックまとめ

男性が婚活をする上で、まず設定しなければならないのがプロフィールであり、そのプロフィールを見て女性はどの男性をお見合いするかを選んでいきます。

なのでスペックが平均よりも低いと、婚活を成功させるのはかなり難しいのが現状です。

 

ですが、スペック以外の部分で自分に魅力をつけたり、選り好みをせずに女性とお見合いしていくことで幸せな結婚生活を送れる女性との出会いは訪れるはずです。

 

結婚相手の年齢やルックスにこだわりたい

という方には、国際結婚がかなりおすすめできます。

日本人ということ自体がハイスペックとなり得るので、自分よりも一回りほど年下の女性であれば結婚することは容易ですからね。

 

スペックに自信がなかったとしても結婚することは可能なので、行動していくことが大事です。

その過程で経験値が積まれ自分自身が成長し、それが自分の魅力にも繋がっていきますからね。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE」の方を友達追加してください。

お見合い新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

アイエムシー公式LINEに登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 海外婚活アイエムシー , 2022 All Rights Reserved.