年収300万円以下の男性は結婚できる?婚活する際の注意点は

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

最近は「自分の年収に自信が持てない」という男性も増えてきています。

手取りが20万円ほどという会社も増えてきていて、都心部でも年収300万円を超えることが難しくなってきています。

 

その中で、結婚することに自信がない男性も多いかもしれません。

結婚式を挙げることも難しいし、結婚後に生活することもできるんだろうか?と金銭的な余裕がないと結婚を考えづらいですよね。

 

実際のところ、年収300万円以下だと結婚することは難しいのでしょうか?

 

今回の記事では、

年収300万円以下の男性は結婚できるのか?

ということについてお話ししていきます。

婚活をうまくいかせるために大切なことなどについてもお話ししていくので、結婚したい気持ちがあるという方はぜひ読み進めていただければ幸いです。

 

普通の出会い方なら問題ない

結論から言うと「問題なく結婚できる」のですが、どういう経緯で女性と出会い、付き合うかによって結婚のしやすさはかなり変わってきます。

 

その女性と職場や学校など日常生活で出会ったという場合は、年収は特に問題にならないことが多いです。

なぜかというと、そういう女性とは少しずつ交流を重ねる中で人間性などの”中身”がきっかけとなり付き合うケースが多いので、条件があまり問題にはならないんですね。

もちろん中には、日常生活の出会いにも条件を求める女性もいるかもしれませんが、自然と相手の人間性が好きになる、というケースの方が多いと思います。

年収が300万円以下で高くなかったとしても、問題なく結婚できることが多いです。

 

婚活だと年収300万円以下は不利になる

ただこれが婚活の場になるとまた話が変わり、結婚相談所や婚活パーティー、マッチングアプリでの出会いの場合は条件が前面に出ることが多いんです。

どういう仕事をしているか、ちゃんとした学歴はあるか、年収はどれくらいか、ルックスは良いか、などなど。

打算」がどうしても入ってきてしまい、そこに自信がある男性であればすぐにお相手が見つかりますが、自信が持てていないとなかなか厳しくなってきてしまいます。

 

婚活は減点方式で異性を見ている人が多く、少しずつ心の距離を縮めるということが難しいので、そこが大きなデメリットと言えます。

 

年収以外の武器を作る必要がある

もし年収が300万円以下で、婚活をしてもなかなかうまくいかないという状況の場合、それ以外の武器を作る必要があります。

 

武器と言ってもそんなに大それたものでなくて良く、見た目を磨くなどで十分なんです。

髪型やファッション、眉毛を整えたりするだけでもだいぶ印象が変わり、女性から好感を持たれることも増えてきます。

 

あとはコミュニケーション能力を磨く、ということも大切です。

多くの方が誤解しがちなのが、「話すのがコミュニケーション」という風に思われがちなんですが、話すのはコミュニケーションの1つの要素でしかありません。

女性はむしろ「話を聞いてほしい」と思っている人も多く、こちらも話してしまうと会話がぶつかり合って逆に会話が弾まないということも起きてきてしまいます。

コミュニケーション能力を磨くには、「相手に興味を持つ」ことが非常に重要で、興味を持てば自然と質問したい内容も浮かんできて、自分自分とならずに会話も弾むようになっていきます。

話すのが好きな男性であれば、面白い話で女性をリードするということで良いですか、必ずしもそうなる必要はないということですね。

 

あとおすすめなのが「運動」で、体を動かすことで体を絞れてスタイルが良くなったり、運動をしていること自体が自信につながってきます。

多くの人はなかなか運動を続けられない中で自分は続けられている、という風に自己重要感が高まって自信を持てるようになります。

 

そのようなことをして、自分の武器を増やしたり、自信をつけていけばそれに惹かれる女性は必ず現れます。

年収300万円は今の時代特別低い訳ではないので、問題なく結婚することはできます。

 

年収300万以下でも国際結婚なら問題ない

お話ししたように、婚活をする場合は年収が300万円以下だとなかなかお相手が見つかりにくいケースは多いです。

ただ外国人女性との国際結婚を目指す場合であれば、その限りではありません。

年収が300万円以下だったとしても、20~30代の若い女性と結婚することもできます。

 

外国人女性の中でも、日本に長く住んでいる女性の場合は「基準」が高くなっていて、日本人女性相手の婚活と難易度は変わりません。

 

一方で海外に住む女性の場合はそもそもの基準が日本と違い、年収が300万円以下だとしても想像がつかないほどの大金と思ってもらえ、豊かな人だと思ってもらえることが多いです。

日本に住んでいて働いていると言うこと自体が、国際結婚においては大きなアドバンテージになってきます。

 

最初の結婚資金と送金ができればOK

国際結婚はお金がかかるイメージがもしかしたらあるかもしれませんが、確かに最初はお金がかかることが多いです。

相談所を利用して女性を探す場合はご成婚時に「成婚料」という料金が発生し、おおよそ100万円前後かかります。

それに加えお見合いをするための移動費や、国によっては結婚式を必ずする必要もあり、その費用もかかってきますからね。

 

ただ最初の費用を用意できさえすれば、あとはお金がかかることはそこまでなく、女性側も多くを望まないケースが多いです。

 

 

外国人女性が日本人男性と結婚しようと考える大きな理由の1つに「送金」があります。

技能実習生として来る女性も、現地の家族に送金をするために来ることがほとんどで、家族想いだからこそ送金を求められます。

自分の欲求のためではない、ということはぜひ知っていただきたいです。

 

送金と聞くと「毎月だとかなり負担が大きそう・・・」と不安に感じるかもしれませんが、日本と比べて物価が低いことがほとんどで、そこまで多額を求められることはないのでご安心ください。

実際の例を挙げると、タイの女性は「月3万円」、ミャンマーの女性は「2.5万円」が相場となっています。

 

共働きしてもらえる

外国人女性は共働きに抵抗がない女性が多いです。

特に東南アジアの場合、男性は働かず女性が頑張って働くという価値観があり、あなたが問題なければ結婚後も積極的に働いてもらえます。

送金が負担に感じることもあるかもしれませんが、女性自身にも働いてもらえるのでそこまで負担に感じることはないと思います。

 

このような理由から、もしあなたが年収300万円以下で収入面で自信がないという場合は、国際結婚も選択肢の一つとして入れると結婚できる可能性が大幅に広がります。

国際結婚のメリットについては下の記事でも詳しくお話ししているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

 

年収300万以下の男性は結婚できるかまとめ

年収が高くないと、結婚相手を探すときにどうしても不利になってしまう面があります。

日常生活で出会う分にはそこまで影響はないと思いますが、婚活をする場合は現実問題としてそれが顕著に現れます。

 

普段の生活の中で出会いがなく、これから婚活を始めたいと思っている場合は国際結婚も視野に入れると、結婚できる可能性が大きくなるのでおすすめです。

特に東南アジア女性であれば、年収300万円前後であっても20~30代の若い女性と結婚することも十分可能ですからね。

 

アイエムシーではミャンマー女性をはじめとした東南アジア女性とのご結婚をサポートしています。

少しでもご興味がある方は、この記事末尾の「アイエムシー公式LINE」よりお気軽にお問い合わせください。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性を始めとした東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方を友達追加してください。

お見合い新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -