国際結婚は貧乏でも可能?外国人女性と結婚したい男性へ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは、海外婚活相談所アイエムシーです。

 

最近は女性が結婚相手に対して求めるもののハードルが上がってきており、「自分は貧乏だし、結婚はできないんじゃないか・・・?」と結婚することを諦めかけている方もいるかもしれません。

 

その中で、「外国人女性との結婚なら、大丈夫じゃないか?」と国際結婚に興味がある方もいると思います。

 

そこで今回の記事では

国際結婚は貧乏な状態でもできるのか?

ということでお話ししていきます。

 

 

結論を最初に言うと、結婚すること自体は可能です。

記事を読むことで行動を起こすきっかけになると思いますので、ぜひこの先を読み進めてみてください。

 

貧乏でも国際結婚は可能

もし今あなたが貧乏だとしても、外国人女性相手であればチャンスはあります。

ただ誰しもが理想の女性と結婚できるかというとそうではなく、あなたが持つ条件によって妥協をする必要があるか、それとも無いかが変わってきます。

 

その条件というのは主に以下のようなものがあります。

 

・年齢

・持ち家の有無

・仕送りができるか

 

年齢

まずあなたの年齢によって、状況はかなり変わってきます。

 

仮にあなたが30代以下であれば、そこまで年収が高くなかったり、貯金がなかったとしても外国人女性と結婚できるチャンスはあります。

なぜかと言うと、国際結婚を望む日本人男性は平均年齢が高い傾向にあるからです。

30代で国際結婚をしようと思う男性は少ないので、その時点でかなりのアドバンテージとなりますからね。

 

40代以降の男性でも国際結婚は可能ですが、あまりにも年下すぎると女性の両親と同じくらいの年齢になってしまうため、女性の両親に反対されてしまうケースも出てきます。

一回りほど年下であれば問題にはなってきませんが、二回りほどとなってくると年下と結婚できやすい国際結婚と言えど、現実的になかなか難しいということは理解しておいた方が良いかもしれません。

 

あなたが40代なら20代後半~30代前半

あなたが50代なら30代後半~

 

の女性であれば十分チャンスはあります。

それ未満の女性となると、やはりあなた自身の社会的なステータスも求められてきたりと、一筋縄ではいきません。

 

持ち家の有無

あなたがもし今持ち家に住んでいる場合、収入にそこまで自信がなかったとしても結婚することができます。

毎月の固定費の中で、家賃はやはりかなり負担が大きくなってきますからね。

持ち家さえあれば、貧乏でも生活に困窮することはまずありません。

 

贅沢さえしなければ、共働きをすることで十分生活することができます。

基本的に外国人女性、特に東南アジアの女性は共働きを受け入れてくれるパターンが多いです。

専業主婦になるよりも結婚後も働きたいと考える女性が多いので、持ち家さえあれば貧乏でもそこまで不利にはなってきません。

 

仕送りができるか

日本人男性と結婚したがる外国人女性は、現地の家族へ仕送りをするというのも大きな目的の一つです。

女性自身が豊かな生活を送るためでなく、家族が豊かになるために国際結婚をしたがる、ということです。

日本人男性と結婚できれば女性自身も日本で働くことができるので、パートなどで働くことで十分な金額の仕送りをできますからね。

 

仮に今もしあなたが収入に余裕がなく、結婚後に貧乏生活になってしまうような状態だとしても、女性の家族への仕送りさえできれば問題にならないことが多いです。

外国人女性は家族思いな人が非常に多く、自分より家族に豊かな暮らしをしてほしいという思いの方が強い傾向にありますからね。

 

 

国際結婚した後に仕送りしないといけないのはよく聞くけど、具体的にどれくらいの金額を毎月送れば良いのだろう?

と疑問に感じる方も多いと思います。

 

これは目安ですが、タイやミャンマーなど東南アジア女性の場合は「月に3万円」も仕送りできれば必要十分です。

 

正直、イメージよりかは安い印象があるのではないかと思います。

それにお話ししたようにほとんどの女性は共働きを許容してくれるので、夫婦で力を合わせれば問題ない範囲の金額だと思います。

 

仕送りについては下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

もしあなたがあまり生活にゆとりがなく貧乏で、それでも国際結婚をしたい場合は

 

・年齢

・持ち家の有無

・仕送りできるか

 

これらのうち、どれかでも当てはまっていれば若く魅力的な女性とも十分結婚はできます。

 

それ以外の人は結婚できない?

「貧乏でも結婚できやすい条件はわかったけど、貧乏でかつその条件に当てはまらない人は結婚できないの?」

と思われるかもしれませんが、決して結婚が無理というわけではありません。

 

ただ、ある程度妥協する必要は出てくると思います。

 

 

国際結婚の魅力は、

 

若い女性との結婚のしやすさ

 

に凝縮されると私たちは考えています。

 

あなたは今国際結婚に興味を持たれているかもしれませんが、おそらくその部分に魅力を感じて、このページにもたどり着いたのだと思います。

実際に日本人女性と比べると、間違いなく若くルックスも良いような女性と結婚できやすいです。

 

ただそのような女性と結婚するためには、あなたの年齢や収入もやはりある程度は関係してきてしまいます。

50代を超えてくると30代前半くらいまでの女性と結婚することは難しくなってしまいますが、それ以上の年齢の女性であれば問題なく結婚することができます。

 

少し妥協をすることで、あなたが50代を超えていたとしても、どちらかというと貧乏だったとしても、結婚すること自体は可能です。

 

外国人女性は貧乏でも幸せに暮らせれば問題ない

外国人女性は、日本人と比べて生活水準が低い場合が多いです。

 

例えばタイは近年発展が著しく、一度バンコクに行ってみるとわかりますが日本の都会と遜色ないくらいにビルが林立していたり、「ここは日本なんじゃないか?」と一瞬勘違いしてしまうほどです。

ですが、中心部こそ発展しているものの貧富の差がかなり激しく、地方になると農業や漁業といった仕事しかないため、貧しい生活を送っている人たちはまだまだ多いです。

お金持ちは日本人の富裕層と遜色ないくらい豊かですが、日本よりも豊かさの振れ幅が非常に大きいというイメージですね。

 

東南アジアの中で発展しているタイでそのような状態なので、ミャンマーなどの発展途上国になると生活水準はさらに低いものになっています。

ミャンマーは平均年収が「13万円」と言われているくらいですからね。

 

そのような人たちから見ると、日本人と結婚して日本で生活できるだけで豊かな生活を送れるというイメージを持っていることが多いんです。

日本人から見ると貧乏な生活だったとしても、そこまで不満に感じないということが言えます。

 

 

「結婚したいけど、今貧乏だし実際結婚するのは難しいかも・・・」

と考えている方は、一度国際結婚をするための行動を取ってみると良いかもしれません。

 

相談所を頼る場合、当然ですが費用はかかります。

アイエムシーでもミャンマー人女性をはじめとした東南アジア女性をご紹介していますが、ご成婚となった場合は成婚料をご請求しています。

ですがそこで結婚相手が見つかれば一緒に働いてくれたり、あなたの生活を助けてくれる女性と結婚することができますので、一度熟慮されてみるのも選択肢の一つですね。

 

貧乏でも国際結婚はできるか、まとめ

国内で日本人女性と結婚しようとした場合、貧乏だとなかなか難しい面は正直なところあります。

特に婚活をする場合は、最初の条件の段階で年収が低いとはじかれてしまうんです。

婚活は打算で結婚相手を見つける場なのでそれは致し方ないことではありますが、メンタル的にもきつい面はかなりあると思います。

 

ですが国際結婚であれば、あなたが仮に貧乏の部類の生活をしていても、結婚できるチャンスは十分にあります。

年齢が若ければそこまで問題にはなりませんし、年齢が50代を超えているような場合でも、女性に求める条件を緩めることで結婚することは可能です。

 

アイエムシーでは、ミャンマー人女性をはじめとした東南アジア女性とのご結婚をサポートしています。

「もしチャンスがあるのなら、国際結婚も考えてみたい」という方は、まずは是非お気軽にこの記事末尾の「アイエムシー公式LINE」を友達追加していただいて、お問い合わせください。

 

国際結婚に関するお問い合わせはアイエムシー公式LINEへ

アイエムシーでは、定期的にミャンマー女性を始めとした東南アジア女性とのお見合いのセッティングや、現地に赴いてのツアーなどを開催しています。

現地女性、在日女性どちらのお見合いも可能となっているので、ご興味がある方はまずはぜひ「アイエムシー公式LINE@」の方を友達追加してください。

お見合い新規女性の登録情報個別でのお問い合わせやご相談もそちらで承っておりますので、ぜひお気軽にご登録ください。

アイエムシー公式LINE@に登録するには上の画像をタップしてください↑

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 海外婚活アイエムシー , 2022 All Rights Reserved.